ニキビ跡にも気をつける

ニキビニキビができてしまうと、早く治ってほしいといった思いから潰してしまう方もいます。また潰さなくても気になって触ってしまう方も多いでしょう。さらにニキビを隠すために、マスクをするケースもあります。どのような形であれニキビに対して刺激を与えてしまうのは逆効果。特にニキビを潰してしまうことによってニキビ跡が残ってしまうケースが多いのです。ニキビができたときには、決して潰さず、できるだけ触らないようにしましょう。洗顔をする際にはよく泡立てた洗顔フォームを使用し泡洗顔を心がけてください

ニキビ跡は炎症後色素沈着というものになり、人によっては赤い状態のままでニキビ跡が残ってしまうケースから黒っぽくなってしまうケースまでさまざまです。一度ニキビ跡ができてしまうと、これをきれいに治すためにはとても長い時間が必要になります。ニキビ跡を防ぐためにもお肌のターンオーバーサイクルをしっかりと整え、保湿をして潤いのある状態を保ちましょう。潤いを与えることでターンオーバーのサイクルが早くなり、色素沈着が残ったニキビ跡の部分も新しいお肌へと生まれ変わっていきます。無理にかさぶたを剥がしてしまうことや必要以上にコンシーラーなどを用いてニキビ跡を隠してしまう事も出来るだけ避けた方が良いでしょう。

保湿はした方が良いの?

保湿クリームニキビができてしまうのは、毛穴に皮脂が詰まってしまうというのが大きな原因です。ここにアクネ菌が増殖することによって炎症を起こすのです。そのためニキビを防ぐためには、保湿を控えめにして肌がべた付かないように、と考える方もいるようです。しかし肌がベタついてしまうのは、あくまでも皮脂バランスが乱れているからであり、保湿をしない状態が続いてしまうと毛穴が開いて皮脂の分泌が多くなってしまうのです。オイリー肌の方でもしっかりと保湿をすることにより、皮脂の過剰な分泌が抑制され、お肌も安定した状態になるのです

お肌を守るために分泌されているのが皮脂。オイリー肌であっても乾燥肌であっても、まずは皮脂バランスを整えるべく、しっかりとした保湿をする必要があるのです。オイリー肌でベタついてしまう方も保湿をしっかりと続けることによって、お肌は皮脂の分泌バランスを取り戻すのです。これによってべたつくことが少なくなります。同時に毛穴も引き締まりますので、ニキビができてしまうリスクを減らすことができるのです。また洗顔をする際にはお水ではなく、できるだけぬるま湯で行うようにしましょう。そうすることで皮脂汚れをきちんと洗い流すことができるのです。十分すぎるほど何度もすすぐことで、皮脂汚れを残さずお肌を綺麗な状態に保つことができますよ。これによって、毛穴を引き締めることも期待できるのです。

ニキビのケアについて

ニキビは毛穴に詰まった皮脂に対し、アクネ菌が増殖してしまうことで炎症を起こした状態です。アクネ菌がなければ毛穴に皮脂が詰まっていてもニキビは出来ないと思ってしまう方もいるでしょう。ところがアクネ菌はお肌に常駐していることも多く、ごくわずかな皮脂が毛穴に詰まるだけでもニキビになってしまうことがあるのです。人によってアクネ菌の量は違いますが、基本的には皮脂のつまりを改善していくことにより自分の肌からニキビの悩みを遠ざけることができるのですよ。オイリー肌の方は特に毛穴詰まりが多い印象を持つかもしれません

洗顔しかし、乾燥肌の人でも皮脂の毛穴詰まりは生じてしまうものなのです。適切な洗顔を行えていることや、皮脂バランスを整えることでニキビを予防していきましょう。実際にニキビができてしまった時には、できるだけ触らないことが鉄則です。触れば触るほどにひどくなり、跡が残ってしまうことがあります。刺激の強いケア用品は肌への負担が大きいので、ナチュラル成分を使ったニキビケア用品が望ましいです。にきびができているときのケアは直接にきびを強く触らないようにしてください。乾燥を防ぐ保湿が大切ですが、ニキビの部分はクリームや美容液を避けシンプルに化粧水だけのほうが良い場合もあります。

参照リンク→ニキビのケア

ニキビの原因は皮脂なの?

ニキビに悩む方は少なくありません。思春期ニキビだけではなく、成人してからでも繰り返しニキビができてしまう方もいるでしょう。ニキビの原因はアクネ菌といわれていますが、それ以前に皮脂が原因だということをご存知でしょうか?皮脂を上手に取り除き、ニキビを防いでいくためには、どんなケアをすればよいのでしょうか?ニキビ専用のケア商品は販売されていますが、これがお肌に合わない方はケア方法について、大きな悩みを持ってしまうようです。ニキビができるだけではなく、ニキビ跡に悩まされてしまう方もいます。ニキビはお顔だけではなくボディにも出来てしまうことがあります。様々な部位にできてしまうニキビは、皮脂バランスを整えていくことにより予防をすることにつながるのです。

ニキビと鏡ニキビができる原因を詳しく知るとともに、素晴らしいケア方法についてもしっかりと知識を持ちましょう。ご自身のニキビについて悩んでいなくとも、ご家族でニキビに悩む方がいる場合、こうした知識を持っておくことでアドバイスもできるのではないでしょうか。特に思春期のお子様を持つご家庭ではニキビケアについても親御さんがしっかりと知識を持っておくと、お子さんの悩みを軽減することができます。ニキビができることでコンプレックスになってしまうこともあるため、できるだけ予防すること、そして出来てしまった時にも素早くきれいに治すことが大切なのです。

ニキビのケアをしているつもりでも、方法が間違っていればニキビは酷くなる一方。さらにお肌はどんどん不安定になり、より多くのトラブルに悩まされてしまうこともあるのです。神経質になりすぎるのではなく、安定したお肌を目指していくことが重要になるでしょう。